記事詳細

2018年度秋季セミナー報告 [ 2018-11-20 09:17:03 ]

テーマ「図書館利用促進のための取り組み」

2018年度秋季セミナー報告

テーマ「図書館利用促進のための取り組み」

日 時  2018年11月16日(金)14時00分〜15時40分
会 場  多摩大学 多摩キャンパス T-Studio 2階ホール
出席館  23大学 (33人)

亜細亜大学図書館、杏林大学医学図書館、国立音楽大学附属図書館、国際基督教大学図書館、駒沢女子大学図書館、実践女子大学・実践女子大学短期大学部図書館、創価大学附属図書館、拓殖大学八王子図書館、多摩大学アクティブ・ラーニング支援センター図書館、中央大学図書館、東京家政学院大学附属図書館、東京外国語大学附属図書館、東京学芸大学附属図書館、東京経済大学図書館、東京女子大学図書館、東京農工大学小金井図書館、東京農工大学府中図書館、東京薬科大学図書館、桐朋学園大学附属図書館、日本獣医生命科学大学付属図書館、一橋大学附属図書館、明星大学図書館、和光大学附属梅根記念図書・情報館

進 行 関 達朗(東京経済大学図書館/セミナー担当館)

創価大学附属図書館村井宏子氏より「全学読書運動 SOKA BOOK WAVE」、桐朋学園大学附属図書館尾崎猛氏、野川夢美氏より「ステップアップ制度「READ」」、の報告があり、図書館利用促進のための取り組みが紹介された。また白百合女子大学図書館の事例として資料が配布された。
セミナー参加各館から各大学の取組状況などについて質疑応答が行われた。

■図書館見学 15時50分〜16時25分
図書館事務課長池田剛透氏の案内によりアクティブ・ラーニング支援センター図書館を見学した。学修支援を目的としたフロア階と静謐な自習スペースの上階を区別した構造を採り、学生に利用される図書館を志向する旨の説明があった。

以上


PAGE TOP