記事詳細

2017年度秋季セミナー報告 [ 2018-01-25 17:04:25 ]

テーマ「図書館の狭隘化対策」


2017年度秋季セミナー報告

日 時  2017年12月19日(火)13時30分〜16時00分
会 場  工学院大学八王子キャンパス2号館(ラーニングコモンズ八王子)
出席館  28館(53人)

亜細亜大学・亜細亜大学短期大学部図書館、杏林大学医学図書館、国立音楽大学附属図書館、工学院大学八王子校舎図書館、国際基督教大学図書館、駒沢女子大学図書館、首都大学東京図書館本館、白百合女子大学図書館、実践女子大学図書館、創価大学附属図書館、拓殖大学八王子図書館、多摩大学アクティブ・ラーニング支援センター図書館、中央大学図書館、帝京大学メディアライブラリーセンター、電気通信大学附属図書館、東京家政学院大学附属図書館、東京外国語大学附属図書館、東京学芸大学附属図書館、東京経済大学図書館、東京純心大学図書館、東京女子大学図書館、東京女子体育大学附属図書館、東京造形大学附属図書館、東京農工大学小金井図書館、東京農工大学府中図書館、東京薬科大学図書館・情報センター、明星大学図書館、和光大学附属梅根記念図書・情報館

進 行  辺見純子(帝京大学メディアライブラリーセンター/セミナー担当館)
配布資料 秋季セミナー「プログラム」「参加者一覧」「見学シート」
     工学院大学八王子キャンパス
      ラーニングコモンズ・学習支援センター パンフレット
     工学院大学研究室ガイド2018

■施設見学 13時30分〜14時15分
概要説明を受けた後3つのグループに分かれ、図書館の方々の案内により、3階の学習支援センター及び4階の図書館見学を行った。
外部倉庫を活用し開架書架を少なくすることにより学修空間が広く確保されており、建築学部教員による開放的なフロアデザイン設計のもと、多様なデザインの什器や学習スペースが各所に配置され、学生が自由に活用している様子を見学させていただいた。


■情報交換会 14時30分〜16時00分
工学院大学 田中豊様より、新図書館開館に関する経緯、外部倉庫導入による利点、実際の運用方法やサービス内容などについて事例発表が行われた。
その後、セミナー参加各館から、外部倉庫の運用、図書館デザインや統計の取得方法など、多岐に渡る質疑応答が行われた。

以上


PAGE TOP