記事詳細

2015年度秋セミナー報告 [ 2015-12-10 18:32:57 ]

武蔵野美術大学 美術館・図書館見学会/Off Campus Accessについて

2015年度秋セミナー報告

日 時  2015年12月4日(金) 13時30分〜17時00分
会 場  武蔵野美術大学 美術館図書館
出席館  19館(35人)

亜細亜大学、杏林大学医学図書館、国立音楽大学附属図書館、国際基督教大学図書館、首都大学東京図書館、実践女子大学図書館、成蹊大学図書館、中央大学図書館、帝京大学メディアライブラリーセンター、電気通信大学附属図書館、東京外国語大学附属図書館、東京学芸大学附属図書館、東京女子体育大学・短期大学附属図書館、東京造形大学附属図書館、桐朋学園大学音楽学部附属図書館、明星大学図書館、ルーテル学院大学図書館、和光大学附属梅根記念図書・情報館、玉川大学教育学術情報図書館

進 行   石井美樹(明星大学図書館/セミナー副担当館)
配布資料  アンケート回答集計「off Campus Access の実施状況について」
      発表資料「国際基督教大学図書館のOff Campus Accessについて」

■施設見学会 14時00分〜15時15分

4つのグループに分かれ、武蔵野美術大学美術館図書館職員の方々に図書館棟(2010年竣工)を案内していただいた。
全面開架式で明るく温もりを感じさせる空間デザイン、本の森に迷い込むような書架配置、分類番号をデザイン化したユニークなサイン、ブックギャラリー(本の本)や絵本ギャラリー、幅広い映像資料を蔵するイメージライブラリーなど、美術系専門資料の利用提供のための様々な工夫を見学させていただいた。

■セミナー,情報交換会 15時30分〜17時00分

◇発表 黒澤公人氏(国際基督教大学図書館)
「国際基督教大学図書館のOff Campus Accessについて」
補足 田邊稔氏((株)エムエムツインズ)
EzProxy、GakuNin、Shibbolethなど、各大学で導入が進みつつあるOff Campus Accessについて、他大学がどのような対応をしているのかお互いに知る機会を設けるというコンセプトで、事前アンケートと国際基督教大学の事例発表がされた。国際基督教大学の技術提携先である(株)エムエムツインズ田邊氏より技術情報の補足がされた。

◇意見交換会
Off Campus Accessの取り組み状況を主として、セミナー参加各館からご発言いただき、意見・情報の交換がされた。


PAGE TOP